名城大学理工学部後援会 名古屋市天白区塩釜口1-501

学生奨励 表彰式

学生奨励 表彰式

学生奨励 表彰式
日々、積み重ねた努力の結実を讃えて
理工学部後援会による学生奨励制度とは、
対象の年度内に学術・スポーツ・文化の各分野において、
めざましい活躍をしたと認められる理工学部在籍の学生たちの努力と成果を表彰するものです。
平成28年度は50名・2団体が選ばれ、平成29年2月28日に表彰式が行われました。

平成28年度 理工学部後援会 学生奨励制度表彰者(学年は平成29年2月現在のもの)

学術関係

数学科 3年 岸田 崇裕 3年 佐藤 修一
3年 鈴木 文哉 3年 龍田 隆誠
情報工学科 3年 大島 朱音 3年 鴨下 友馬
3年 林 由英 3年 平田 秀平
電気電子工学科 3年 市川 翼 3年 後藤 和哉
3年 平松 侑樹 3年 廣田 奈緒美
材料機能工学科 3年 石本 聖治 3年 寺澤 美月
3年 平岩 恵 3年 横井 里奈
応用化学科 3年 磯貝 昌也 3年 丹羽 悦子
3年 山口 輝倫 3年 横井 渓太郎
機械工学科 3年 山副 樹 3年 豊田 晋也
3年 矢敷 啓太 3年 小木曽 里沙
交通機械工学科 3年 伊藤 亮太 3年 金子 慶保
3年 近田 侑生 3年 田口 航
メカトロニクス工学科 3年 城山 義浩 3年 高岡 歩美
3年 辻 大靖 3年 十塚 圭佑
社会基盤デザイン工学科 3年 岩佐 直哉 3年 中村 汐里
3年 早川 伯彦 3年 吉田 聡一郎
環境創造学科 3年 田口 結美 3年 鈴木 耀
3年 前田 真里 3年 中川 諒穂
建築学科 3年 市川 友己 3年 伊藤 芳季
3年 酒井 理帆 3年 竹中 智美

スポーツ関係

舞踏研究会 交通機械工学科2年 岡野 真治
 第52回 中部日本学生競技ダンス選手権大会 種目別戦
 団体戦の部 クイック 優勝
ヨット部 交通機械工学科3年 早川 裕文
 中部学生オープンレガッタ 優勝
スケート部 材料機能工学科2年 砂古口 藍子
 第89回 日本学生氷上競技選手権大会 アイスダンス準選手権 優勝
女子駅伝部 数学科4年 湯澤 ほのか
 第34回 全日本大学女子駅伝対校選手権大会 3位
 体育会女子駅伝部主将として著しく部の発展に貢献

文化関係

将棋部 春季中部学生将棋団体戦 優勝
秋季中部学生将棋団体戦 優勝
平成28年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 電気学会B賞 情報工学科4年 金松 友哉
エコノパワークラブ 本田宗一郎杯Honda エコマイレッジチャレンジ2016 第36回全国大会
 グループⅢ(大学・短大・高専・専門学校生クラス) 準優勝
第5回 全国学生英語プレゼンテーションコンテスト 奨励賞 材料機能工学科3年 平岩 恵
学生奨励 表彰式

名城大学理工学部後援会 学生奨励制度表彰規定

1 目的

この制度は、名城大学理工学部の学生で、人物・学業共に、優れた者あるいはスポーツ並びに文化活動において、大学の名声をとくに広めた者に対し、その功績をたたえるとともに、本人をはじめ他の学生の今後の励みになることを念願して設立する。

2 適用範囲

名城大学理工学部に在籍する学生。

3 審査方法及び機関

理工学部長の推薦により、理工学部後援会福利厚生委員会において審議決定する。

4 審議時期

適時

5 奨励方法

表彰状並びに副賞(記念品)とする。

6 表彰者選出基準

区分 資格 基準 年間引当数
学術関係 個人 3・4学年に在籍する者のうち、人物・学業共に優秀な学生で各学科ごとに推薦された者。 1学科4名以内
スポーツ関係 個人又は団体
  1. 名城大学体育運動部に所属し、東海大学選手権大会又はリーグ戦等に於いて優勝したチーム、又は個人。
  2. 全国的規模における競技会に於いて3位以上に相当する賞を受けた個人又は団体。
  3. 前一・二号優勝者以外で個人賞として特別に表彰された者。
  4. 体育会運動部主将として著しく部の発展に貢献した者。但し、在学中一回限りとする。
若干名
文化関係 個人又は団体
  1. 名城大学文化クラブに所属し、東海又は中部大会以上の競技会に於いて優勝した個人、又は団体。
  2. 前号以外で、全国的規模における競技会に於いて3位以上に相当する賞を受けた個人、又は団体。
若干名
② 上記区分以外で、会長若しくは学部長の推薦により、後援会福利厚生委員会が妥当と認めた者に対しても、上記区分に該当する者と同様に表彰することができる。
③ 前項①②共、後援会費納入会員の子弟とする。

7 表彰方法

表彰者氏名及び該当事項を公示し、後援会委員会の席上において表彰する。

8 施行期日

昭和57年4月1日付をもって施行する。
附則 平成5年10月21日 一部改正
   平成10年3月24日 一部改正
   平成11年6月4日 一部改正
   平成25年1月30日 一部改正
                  以上